column

お役立ちコラム
Tips
2022年05月16日

サイドカンバセーション機能を使用したエスカレーションフロー:社内slack編

本コラムでは、Zendeskを利用する上でのコツやTips、サービスのアップデート情報などをご案内しています。
今回は、Zendeskのサイドカンバセーション機能を使った社内エスカレーションフローについてです。

社内のコミュニケーションツールとして、slackを活用されている企業は多いのではないでしょうか。(弊社も使用しています!)また、社内ITヘルプや総務部門等でZendeskを活用されていて、社内メンバーからの問い合わせ対応をしている担当者さまの共通のお悩みとして、「Zendeskのアカウントを発行していない他部門の社員とのやりとりは、結局Zendeskから離れてSlackでやっている。ZendeskとSlackを行ったり来たりするのが面倒。」というのが挙げられます。

ですが、サイドカンバセーション機能を使えば、このお悩みは解決できます!

<ご注意事項>
※本機能のご利用は、以下プランでのライセンス契約が必要です。
 – Zendesk Suite Professionalプラン以上

▼参考ドキュメント – Zendesk公式ヘルプ
コラボレーションの概要

サイドカンバセーション機能とは

サイドカンバセーションの基本については、以下の記事をご参照ください。
サイドカンバセーション機能を使用したエスカレーションフロー:社外mail編

具体的な設定例

まずは、管理センターでSlack版サイドカンバセーション機能を有効化して、設定をすすめていきます。

Zendeskお役立ちコラム サイドカンバセーション×slack

ただし、メール版とは異なり、Slack版のサイドカンバセーションは別途下準備が必要です。
対象となるSlackワークスペースとの連携など、公式ヘルプ記載の手順に沿って作業を進めましょう。

▼参考ドキュメント – Zendesk公式ヘルプ
サイドカンバセーションでのSlackの使用
Zendesk Support用Slackインテグレーションの概要、インストール、設定

Slackワークスペースとの連携=Zendeskアプリのインストールが完了したら、エスカレーションメッセージを通知したい先のチャンネルに、本アプリを招待しておきます。これで下準備が整いました。

Zendeskお役立ちコラム サイドカンバセーション×slack

チケット画面上部、サイドカンバセーションの+ボタンをクリックすると、Slackメッセージ投稿用のモーダルが表示されます。
投稿先のチャンネルは、Zendeskアプリが招待されているチャンネルの名前が表示されます。(複数のチャンネルにアプリを招待している場合は、プルダウンで選択が可能です。)

メッセージを記入、チケットコメントの挿入をおこない、送信ボタンをクリックします。

Zendeskお役立ちコラム サイドカンバセーション×slack

送信後の見た目はメール版と同じです。

ちなみに、チケットのイベントを見ると、前回のコラムでご紹介したトリガのおかげで、チケットステータスは自動で待機中になっています。

Zendeskお役立ちコラム サイドカンバセーション×slack

Zendeskお役立ちコラム サイドカンバセーション×slack

Slackの画面では、以下のように引用したチケットコメントとあわせてメッセージが投稿されています。

Zendeskお役立ちコラム サイドカンバセーション×slack

返信は、投稿されたメッセージのスレッドでおこないます。

Zendeskお役立ちコラム サイドカンバセーション×slack

slackからの返信内容が、サイドカンバセーションにも反映されます。
トリガが発動してチケットステータスもオープンになっています。

Zendeskお役立ちコラム サイドカンバセーション×slack

Zendeskお役立ちコラム サイドカンバセーション×slack

マクロとトリガを組み合わせてもっと便利に活用する

さらに設定を追加すると、Slackにメッセージを投稿する際、メンション指定も可能です。
メンションしたいユーザーのSlackユーザーIDが必要ですが、事前にメンバーIDを調べる → マクロで登録しておけば対応できます。

マクロのアクションでは、Slack経由のサイドカンバセーションを選択し、本文に文字列<@SlackメンバーID>を登録しておきます。
この文字列が、Slack側では該当IDのユーザーに対するメンションになります。

Zendeskお役立ちコラム サイドカンバセーション×slack

ちなみに、SlackユーザーIDはSlackユーザープロフィール画面で確認できます。

Zendeskお役立ちコラム サイドカンバセーション×slack

では、先ほど登録したマクロを使って、Slackにエスカレーションしてみると…

Zendeskお役立ちコラム サイドカンバセーション×slack

無事、該当ユーザーにメンションされた状態でメッセージが投稿されました。これで、Slackにありがいtな「メッセージに気付かず投稿が流れてしまう」という懸念も解消できます。(ちなみに、@hereや@channelといった複数名への同時メンションも利用できます。)

Zendeskお役立ちコラム サイドカンバセーション×slack


サイドカンバセーション機能は、マクロとトリガ機能を組み合わせることでより便利に活用できますので、 ぜひお試しください。

▼ご参考:関連コラム
SlackとZendeskの双方向連携が可能!エクレクトオリジナルアプリ「Slack Channel Integration」


エクレクトは、日本におけるZendeskの公認販売代理店および導入サポート企業として、最上位のプレミアパートナーに認定されています。最適なプランのご提案から導入支援、運用コンサルティング、システム連携、他システムからのデータ移行、拡張アプリケーション開発など、Zendeskに関わるすべてのサービスをワンストップで提供しています。

Zendeskをプラットフォームとした幅広い連携ソリューションで、CX向上を実現します。
「やりたい」をかたちにする エクレクトのCXソリューション

お役立ちコラム

お役立ちコラムへ

トップに戻る